国内初のコンベンション都市 神戸コンベンションコンプレックス

神戸ポートピアホテルは、国内初の「コンベンション都市」宣言をした神戸コンベンションコンプレックスの中核施設として、開業より今日まで様々なコンベンションやレセプションを開催し、多くのお客様をお迎えしてまいりました。

今回は、この神戸コンベンションコンプレックスについてあらためてご紹介いたします。

神戸コンベンションコンプレックスとは

神戸コンベンションコンプレックスとは、兵庫県神戸市ポートアイランドにある国内最大のコンベンションエリアの総称です。エリアは、 ホール・展示場・ホテル・会議場群で構成されています。

また神戸市は、神戸コンベンションコンプレックスの開業を機に、1982年、国内初の「コンベンション都市」宣言をしました。この宣言により、山と海に囲まれ、美しい自然とアメニティの高い都市機能が調和した街・神戸は、日本を代表するコンベンション都市として、現在まで約3,000件の国際会議をお迎えしてきました。

これからも豊富な実績と経験に基づき、国際会議・レセプション・ビジネスショー等あらゆるニーズにお応えし、多くの開催をサポートします。

神戸コンベンションコンプレックス

ポートアイランド ガイドマップ にて、各施設の詳細をごらんいただけます。

神戸ポートピアホテル DNAは、コンベンション。

神戸ポートピアホテルは、創始者 中内 力 が神戸の将来を見据え、アメリカ・サンアントニオのコンベンションセンターをヒントに、神戸がコンベンション都市として発展する構想を描き、神戸コンベンションコンプレックスと同じ1981年に開業しました。
まさに、神戸ポートピアホテルのDNAは、コンベンションにあります。
そして、現在もコンベンションコンプレックスの中核施設として、会場の調整、助成金制度、会議運営などの豊富な経験にもとづくノウハウと、ホテルならではのホスピタリティ溢れるサービスでコンベンション開催のサポートを行っております。

神戸ポートピアホテル・国際会議場「ポートピアホール」

1995年阪神淡路大震災によるダメージを経験し、さらなる大型コンベンションの誘致をめざして、1997年には、1,702名収容の国際会議場「ポートピアホール」を竣工いたしました。これにより、シンポジウムやセミナー等のコンベンションはもちろん、音響設備を駆使したコンサートやショーなどの、さまざまなイベントにもご利用いただけるようになりました。

開業から30年、神戸コンベンションコンプレックスの発展とともに育ててきたコンベンションというDNAのもと、「ビジネスコンベンション」「プライベートコンベンション」そして「メディカルコンベンション」への取り組みを強化し、ベストコンディションでの開催を知識と経験をもってサポートしてまいります。

次の記事:Vol.002 最新設備を常設した劇場形式の国際会議場「ポートピアホール」 >>

このページのトップへ

お問い合わせ
豊富な実績と様々な経験でお客様の大切なお集りをサポートいたします。078-302-1123(神戸ポートピアホテル営業本部「コンベンション室」)
メールでのお問い合わせはこちら
神戸ポートピアホテルTOPへ学会・コンベンションの詳細ページへ

株式会社  神戸ポートピアホテル
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6丁目10-1  TEL.078-302-1111(代表)  FAX.078-302-6877