第1回神戸マラソンのオフィシャルホテルとして

2011年11月20日(日)に開催された「第1回神戸マラソン」では、総勢22,958人の方が出走されました。

フルマラソン(42.195km)のコースは、三宮の神戸市役所前をスタートし、明石海峡大橋たもとを折り返して、ポートアイランド市民広場付近がフィニッシュ地点となり、20,103人のランナーが完走されました。

神戸マラソン ゴール地点

大会のオフィシャルホテルとして

今回神戸初の市民参加のフルマラソンとなるこの大会で、ポートピアホテルをメインホテルとしてご利用していただくために、開催の1年半前から神戸市や実行委員会に繰り返し足を運びました。

規模や日程、コースなど日を追って詳細が決まってゆく中で、すべてが初めての経験ではありましたが、イベントやコンベンションの運営にかかわるわが社のノウハウやサービスをさまざまなシーンで提案し、最終的にはオフィシャルホテルとして、主賓や招待選手のご宿泊、レセプションなどのご利用をいただきました。

社内では、万全の体制を整えて当日をむかえるために、コンベンション室のメンバーで研究会をひらいたり、大会事務局の方をお招きしてスタッフ向けに大会の説明会を開催しました。

営業本部 コンベンション室 セールスエグゼクティブ 瀬戸山 光治 (セトヤマ コウジ)
ランニング講座開催

また、この大会での完走をめざす参加者を支援するために、「ポートピア・ランニング講座」を開催しました。日本が誇る世界のスポーツ用品メーカー「株式会社 アシックス」のテクニカルスタッフや、現役のマラソンランナーである上岡 正枝さんのご指導のもと、5回の講座を行いました。

35名様にご参加いただき、フルマラソンは19名様、クォーターは2名様が完走されました。

この講座は好評をいただき、次回は2月ごろから開講予定です。

10種類以上から最適の一足を選ぶお手伝いをしました
特別ご宿泊プランを発売

お部屋でゆっくりくつろいでいただき、スポーツドリンクやボディケア優待券などの特典をおつけした大会前日のご宿泊プランは127室227名様にご利用いただきました。

大会当日は、別料金でお部屋を夕方までご利用いただいたり、朝チェックアウトされた後、ホテルに荷物を預けて大会に向かわれる方のために、急きょ特設のクロークカウンターをご用意しました。当日100名様ほどが日帰りプランを利用され、さっぱり汗を流し、ルームサービスで軽食を召し上がるお客様もいらっしゃいました。

マラソンアフター日帰りプラン
ボランティア活動に参加

大会事務局からのボランティア募集に応募し、ポートピアホテルからは様々なセクションから10名が参加。

フィニッシュ地点で完走されたランナーを笑顔でお迎えし、疲れを癒すバナナを手渡しました。

たくさんの感動と元気をいただきました!

ホテルからのボランティア

来年も楽しく完走していただきたい

今回の経験と実績を生かして、来年はさらにグレードアップしたおもてなしで、参加されるランナーの皆様が安心して楽しく神戸の町並みを完走できるように、いろいろなアイディアを思案中です。

ホテルスタッフも参加しました!

ホテルが一体となってバックアップします

国やその関連機関が主催するコンベンションを開催していただくには、環境やアクセスなどの立地条件、施設の規模や機能、サービスにくわえて地元の自治体への貢献度や信頼関係が重要なポイントとなります。

前回のメールマガジンでコーディネーターの森田がご紹介した、ホテル本部を中心とし一体となってコンベンション開催をバックアップする「トータルコーディネート」の体制は、特に大規模な国際会議の手配にあたるPCO(Professional Congress Organizers)の方々から評価をいただいています。

さらにグレードアップするおもてなしをお楽しみに!

ポートピアホテルのおもてなし/プレンデトワール スカイビアセット >>

お問い合わせ
セールスエグゼクティブ  瀬戸山 光治 (セトヤマ コウジ)

どうぞお気軽にご相談ください。078-302-1123(神戸ポートピアホテル営業本部「コンベンション室」)

  営業本部コンベンション室 セールスエグゼクティブ  瀬戸山 光治 (セトヤマ コウジ)

メールでのお問い合わせはこちら

次の記事:Vol.010 つながって支えあう営業 >>
<< Vol.008の記事:コンベンションのトータルコーディネート

このページのトップへ

神戸ポートピアホテルTOPへ学会・コンベンションの詳細ページへ

株式会社  神戸ポートピアホテル
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6丁目10-1  TEL.078-302-1111(代表)  FAX.078-302-6877