つながって支えあう営業

神戸ポートピアホテルは、国際都市 神戸のヘッドクオーターホテルです。アジアを中心とした海外の企業からの引き合いや問い合わせは年々増加しています。

私たちは、コンベンション室のスタッフとして仕事をする今、ホテルの様々な部署のスタッフや多くの協力会社の皆さんの支えをいただきながら日々努力し、経験を重ねています。

コンベンション室スタッフとして日々努力と経験を重ねています

あこがれのポートピアホテルに入社

わたしは、生まれも育ちも神戸です。神戸の大学に在学中経験したイギリスでの海外留学を通じて、英語を使ったコミュニケーションの楽しさを知り、仕事でも是非、英語を生かせる職につきたいと思っていました。

私の母校である神戸親和女子大学は、毎年このポートピアホテルで入学式と卒業式を開催しています。
そんな思い出深い経験から、就職先を決めるときに、大好きな神戸で、あこがれのポートピアホテルで働こう、と決めました。

営業本部 コンベンション室 スタッフ 上田 佑香 (ウエダ ユカ)
たくさん感動をいただきました

入社後、研修期間にいろいろな接客部署での仕事を経験したあと、宴会サービスの部署に配属されました。

週末は、結婚式や披露宴のお客様をおもてなしします。
チャペルでの挙式リハーサルやテラスでのセレモニーの進行役です。
在職中は、100件以上の挙式に携わり、毎回、幸せいっぱいの新郎新婦、お2人を祝福する参列者の皆様を拝見し、わたしも幸せな気持ちになりました。

なかでも一番好きなシーンは、新婦入場です。
純白のウエディングドレスを着て緊張ぎみの新婦が扉の前に立ち、私がその扉を開く瞬間、チャペルで参列されたみなさんの歓声と感動の涙を見るたびに、私は必死で涙をこらえていました。

挙式リハーサルでの笑顔
つながって支えあう営業

営業本部に配属されるまで、セールスマンは一匹狼だと思っていました。

しかし、コンベンション室のスタッフとして仕事をする今、ホテルの様々な部署とかかわることで、部署間のさまざまな繋がりを知り、ご宴会で当日お客様をおもてなしするまでに、本当に多くのスタッフや協力会社の皆さんの支えがあることに気づきました。

コンベンション室スタッフの打ち合わせ風景

コンベンション室では、「組織営業」を心がけています。
セールス先への外出前、30分のミーティングで、スタッフが各自の情報やノウハウを持ち寄って交換し、よりスムーズでタイムリーなおもてなしをめざします。
また、重要な情報は、電子回覧を発信するなど、営業部の枠を超えて全社で共有しています。

ご宴会当日、困っている担当者(残念ながら、主に私ですが…)がいると、自然と仲間が集まって助け合います。
私も先輩の力になれるよう、がんばります。

国際都市神戸のヘッドクオーターホテルのセールススタッフとして

アジアを中心とした海外の企業から、引き合いや問い合わせが増加しています。現在は、前号で登場した瀬戸山さんのサブとして、経験を積んでいます。

私は、昨年の11月20日に開催された第1回神戸マラソンに参加し、フルマラソンを完走しました。
マラソンは、走り込めば走り込むだけ、タイムが上がり、達成感を得ることができます。

地道な努力は、孤独でくじけそうになることもありますが、いつか必ず報われることを信じて、目標に向かって走り続けます!

地道に走り続けます!

カルチャースクール サロン・ド・ポートピア / KOBE de 清盛 2012 で 神戸を盛り上げます >>

お問い合わせ
営業本部  上田 佑香 (ウエダ ユカ)

どうぞお気軽にご相談ください。078-302-1123(神戸ポートピアホテル営業本部「コンベンション室」)

  営業本部 コンベンション室 スタッフ  上田 佑香 (ウエダ ユカ)

メールでのお問い合わせはこちら

次の記事:Vol.011 ポートピアホテルならではのおもてなしの極意 >>
<< Vol.009の記事:第1回神戸マラソンのオフィシャルサイトとして

このページのトップへ

神戸ポートピアホテルTOPへ学会・コンベンションの詳細ページへ

株式会社  神戸ポートピアホテル
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6丁目10-1  TEL.078-302-1111(代表)  FAX.078-302-6877